ふくろう掲示板ダイジェスト
RSS2.0
 6月1日からの全面的な学校再開に向けて、職員会議後に「授業での配慮」について「3密」を避ける対策を講じて、ミニ研修会を実施しました。授業での配慮事項の確認とよくある子どもとのやりとりでの失敗事例について共有しました。また、新型コロナウイルス感染症予防対策についても確認をしました。  今後も授業づくりと新型コロナウイルス感染症予防に努めてまいります。   
 6月1日からの全面的な学校再開に向けて、各学部で「新しい生活様式」などの新型コロナウイルス感染症予防に関することついて資料を掲示して指導を行っています。  今後も感染症予防対策と感染症予防に関する指導に努めてまいります。       
カゴメ食品の食育プロジェクト「リリコわくわくプログラム」の一環として、ミニトマトの苗をいただきました。登校日にみんなで1本ずつ苗を植える活動を行いました。     自分の植木鉢にスコップで土を入れ、ポットから苗を取り出して植えました。苗に触れるのが初めての子は恐る恐るといった様子でした。中には、家で育てた経験がある幼児もいて、手際よく土をかけたり、「ばあちゃん やってた。」「じいじと いっしょに うえたよ。」などと思い出してお話ししたりする姿が見られました。最後に、「おおきくなあれ。」「あまくなあれ。」と言いながら、小さなじょうろで水をあげました。     「家では、なかなか野菜を食べたがらない」という話を耳にしますが、育つ様子を身近に見ることで興味をもち、「食べてみたいな」という意欲につながることを期待しています。
 5月18日(月)は登校日でした。 4月中旬に予定していた新入生・転入生の歓迎会を、この日実施しました。  新型コロナウイルス感染症対策のため、児童同士の距離を保ちながら内容を精選して業間に行いました。児童会を中心に、2年生以上が活動に準備を進めてきました。     実行委員長である6年生から、新転入生に向けて歓迎の言葉が伝えられ、4、5年生から手作りのプレゼント贈呈がされました。校長をはじめとする教師の顔写真と各クラスの集合写真が名前入りで、きれいにラミネートされた素敵なプレゼントでした。  最後に全員で記念撮影を行いました。友達と会えてどの児童もとてもうれしそうでした。みんなで協力しながら、楽しい学校生活を過ごしていきましょう。
 授業再開に向けて校内では研修を進めたり、感染症対策の教材を工夫したりしています。    マスクの着用は、感染症防止の上で欠かせないことですが、聞こえにくい子ども達との コミュニケーションでは、口元を見せること(読話)も情報保障の一つとなります。 透明マスクの作成では、息で面が曇らないようにするための角度の付け方や面が反射して 見えにくくならないような形の検討などを工夫しています。     HP上の自立活動支援センターに掲載している「自立活動だより」に透明マスクの作り方が ありますので、どうぞご覧ください。
 4月14日(火)に、4年生から6年生までが多目的ホールに集まり、前期児童会総会を行いました。 当日まで時間のない中でしたが、5、6年生を中心に準備を進め、当日は今年度の目標や委員会の活動を 決めることができました。  また、校長先生から一人ひとり任命証が手渡され、児童会の委員としての自覚が持てたようです。 目標である「みんなで協力して えがおですごせる 学校にしよう」を目指して、これから学校を よくするために下級生たちのよいお手本となってくれることを期待します。   
 4月13日(月)校長室にて交通安全推進委員の委嘱式が行われ、小学部6年の児童2名が 参加しました。  任命書には、みんなのお手本になること、シートベルトやチャイルドシートの着用の呼びかけ、 交通ルールを守るための声かけ、自転車乗車時のヘルメット着用など交通安全を推進する項目が 書かれています。  任命書を手にした二人は、交通安全への意識をより高める機会となりました。   
4月1日(水)本校・分校教職員着任式・新採用教員辞令交付式、新採用講師等辞令交付式を行いました。 新採用教員4名を含む25名の教職員を新たに迎え、聴覚支援学校の令和2年度がスタートしました。教職員一同、幼児児童生徒のために、力を尽くしてまいります。                  
4月8日(水)、幼稚部の始業式と入学式を行いました。 4歳児3名、5歳児1名が進級し、笑顔いっぱいでにぎやかな1学期がスタートしました。 入学式では、新入生3歳児3名、4歳児1名が元気に入場し、在校生から歓迎のことばを 送られました。 総勢8名でスタートした幼稚部です。多くのことを体験しながら、 友達や先生とたくさんやりとりを楽しんでいきます。  
4月1日に着任した新転入教職員に対して、手話研修会を実施しました。 本校教員が講師となり、日常使われている手話表現や幼児児童生徒とのコミュニケーション場面で使う手話表現の研修を行いました。 今年度は、新転入教職員向けの研修会を3回、全教職員向けの手話研修会を5回実施する予定です。