ふくろう掲示板

ふくろう掲示板

課題研究・学習成果発表会

 1月26日(火)と28日(木)に、高等部の職業科(情報工業科と生活技術科)では、1年間の学習の成果を発表しました。今年度は、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、2日に分けて開催されました。高等部の他、中学部の生徒や先生方が見守る中、作成したスライドや編集した動画を見せながら発表することができました。
 3年生の課題研究発表では、4月のテーマ設定から設計、製作、考察と自分たちで考えたテーマに基づき、質の高い作品を展示、発表することができました。今年度の発表テーマは以下のとおりです。

 

詳細はこちら⇒ 高等部職業科課題研究発表会.pdf

「福島議定書」事業表彰式

 2月4日(木)、福島県自治会館において令和2年度温暖化防止にみんなで取り組む「福島議定書」事業の表彰式がありました。

 本校では、昨年度から本事業に取り組んでおり、緑のカーテン設置やPTAの「花いっぱい活動」、透明マスクの製作(中学部生徒)による新型コロナウイルス感染症予防と熱中症予防、節電や節水に努めてきました。

 今年度「最優秀賞」を受賞し、学校を代表して小学部児童会長が校長と共に表彰式に出席してきました。知事や教育長を前に、やや緊張気味の児童会長でしたが、学校名を呼名されると大きな声で返事をし、賞状を受け取ることができました。これからも「できることから、みんなで」を合言葉に温暖化防止の理解と実践に努めていきます。

  

寄宿舎 令和2年度 卒業を祝う会

 1月27日(水)に卒業を祝う会を行いました。今年度は中・高等部合わせて9名の卒業を祝う会となりました。感染症予防のため、換気や手指消毒を徹底し、当日の出し物も事前にビデオ収録をするなど対策を行いました。

 会長あいさつでは、中学部卒業生へ向けて「勉強の苦しみは一瞬、勉強をしなかった後悔は一生。」という言葉が、高等部卒業生へは、「壁にぶつかることがあると思いますが、その壁を乗り越えられるように頑張ってください。」という言葉が送られました。

 

詳細はこちら → 卒業を祝う会.pdf

豆まき(幼稚部・小学部)

 節分の日に幼稚部がそれぞれの学級で、小学部はその翌日の業間に豆まきをしました。

幼稚部教室やホールからは、子ども達の大きな声で「鬼は外、福は内」の掛け声が聞こえてきました。

幼稚部では実際にいわしの頭やヒイラギを飾り、その由来について先生からお話を聞いたり、鬼のお面を作ったりして豆まきに関するやりとりを楽しみました。

  

 小学部では、代表者が心の鬼を発表し、それぞれの心の鬼を書いた短冊に向かって元気いっぱいに豆をまきました。

 コロナ感染症が猛威を振るっていますが、手洗いうがい、3密に気を付けながら今年一年元気に過ごしていきましょう。

  

雑誌ゲットだぜ!

中学部図書委員会で例年実施している「雑誌ゲットだぜ!」を今年も開催しました。コロナ禍での開催ということもあり、今年は時間を区切って学部入れ替え制で実施しました。入り口で消毒を呼びかけ、児童生徒の誘導を行う委員、会場内で本の紹介やプレゼント品の案内をする委員など、それぞれが自分の役割を果たすことができました。参加した児童生徒は、学校で定期購読している車や料理、科学の古雑誌や、歴史の本など思い思いの本を手に取り、真剣に選んでいました。

幼稚部:冬休みのお話会

 1月20日(水)に冬休みのお話会を実施しました。

 冬休み中の出来事の中から印象に残ったエピソードを選び、自分の経験や気づきを、日本語の文章に沿って手話や指文字で表現しながら発表しました。冬にしか経験できないような、この季節ならではの話題が多く、その中で様々な言葉に触れながら、一人一人目標を立てて堂々と発表することができました。また、お話を聞いて、「僕もやったことあるよ!」「私も見たことあるよ!」などと、自分の経験と重ねながら友達の発表を聞くこともできました。

 最後は教頭先生から、一人一人頑張ったところを褒めていただいたり、ご褒美をもらったりしてとても嬉しそうな子どもたちでした。

 

「はつもうでに いったこと」   「はくちょうをみにいったこと」  「すけーとをやったこと」

  

「かがみもちをつくったよ」    「ふゆやすみにがんばったこと」 「すきーにいったよ」

  

「ぷれぜんと」          「ししまいがきたこと」      ごほうびを もらったよ

  

 

 

パスアラウンドマイクを使って児童集会!

1月18日(月)にラジオ福島「通りゃんせ基金」よりいただいたパスアラウンドマイクを活用して児童集会を実施しました。

これまで利用していたスクリーンマイクの子機として活用し、これまで以上に話者の声が聞きやすい環境となりました。

パスアラウンドマイクは、全学部の様々な教育活動で使用していきます。

小学部児童が寄宿舎見学!

1月15日(金)に小学部児童が新寄宿舎の見学を行いました。

担当職員から説明を受けながら、一部を見学しました。

児童からは、「すごいきれい!」「お風呂が温泉みたい!」「ぼくも高等部になったら一人で料理をします!」など多くの感想が聞かれました。

    

新寄宿舎にて生活開始!

昨年12月23日(水)に落成式を終えた寄宿舎でいよいよ寄宿舎生徒の生活が始まりました。

1月12日(火)には避難訓練を実施し、避難経路を確認しました。また、1月13日(水)には文字情報システムによる情報内容と危険回避行動の研修を行いました。

また、寄宿舎生徒は新しい寄宿舎での生活が始まり、精力的に学習や舎生会活動に取り組んでいます。

舎生全員の表情が明るく活気にあふれています。なお、食事は感染症予防対策として、校舎内ランチルームで行っています。

   

安全祈願祭(高等部情報工業科)

 情報工業科では、昨年一年の無事故への感謝、新年の実習の無事と成功を願い、12月23日(水)に「安全祈願祭」を実施しました。
 この「安全祈願祭」は金属や火、土を使う会社施設や大学、各工業高校等で年に一度行われる大切な恒例行事となっています。「ふいご祭り」、「たたら祭り」等という名前で行うところもあり、冬の季語にもなっています。火や鉄を扱う実習での無事故、道具への感謝を祈念して行われました。

 普段の適切な管理に加え、無事故や実習の成功に対し、感謝と願いを込めて学年ごとに大掃除を行いました。その後、教員、生徒一同、集中して真剣に無事故と成功を祈願しました。

詳細はこちら⇒ 安全祈願祭.pdf