ふくろう掲示板

ふくろう掲示板

幼稚部 絵本の読み聞かせ


  

2月4日に、ボランティアの方が来校し、幼稚部で絵本の読み聞かせが行われました。今回は、「一寸法師」を読んでいただきました。最初に、ボランティアの方が作ってくれた実寸大の一寸法師を見て、「ちっちゃ~い」「かわい~い」と子どもたちは歓声を上げていました。その後、他の絵本や、ボランティアの方が読んでくださる物語に夢中になって耳を傾けていました
  今回で、今年度の絵本の読み聞かせが終了したため、プラ板のキーホルダーを「ありがとうございました」の言葉とともに差し上げました。                            

 

 

 

 

幼稚部 豆まき


 

 
  2月3日は節分です。♪おには そと、ふくは うち、ぱら、ぱら、ぱら、ぱら、まめの おと……♪と、豆まきの歌をうたっていると、「ドン ドン ドン」太鼓の音が聞こえてきました。「何の音だろう?」と耳を澄ましていると、赤鬼が教室に入ってきました。子どもたちは、自分で作った枡を握りしめて、力いっぱい大きな声で、「おには そと!」と豆を鬼に向かってまきました。今度は、青鬼の登場です。「悪い子は いないか。」子どもたちは、鬼がとてもこわいです。でも、勇敢に鬼に話します。「ぼくは、ごはんをいっぱい食べます。野菜も食べます。」鬼と約束すると、赤鬼さん・青鬼さんは、「みんな 良い子だから、帰るぞ!」と、帰って行きました。また、鬼が教室に入ってこないように、鰯と柊と豆の木で「やいかがし」を取り付けました。

 今年も、鬼を追い払ったので、健康で元気に一年を過ごすことができます。

第12回きこえとことばの学習会のご案内

   

第12回案内(HP,掲示用).pdf   

 

平成26年2月27日(木)に第12回きこえとことばの学習会を開催します。
今回は、「先輩の話を聞く会②」です。3月に本校高等部を卒業予定の生徒に話してもらいます。今年度最後の学習会ですので、ぜひご参加ください。
詳細については上記のPDFファイルをご覧ください。

小学部 豆まき

     
     


 2月3日(月)は節分です。小学部の教室の前には、年男年女の5年生が配ってくれた「鰯の頭がついた柊の枝」が取り付けられました。小学部の集会では、節分の話を聞いた後、5・6年2組の友達が作った大きな赤鬼と青鬼に向かって豆まきです。「鬼は~そと!福は~うち!」の大きなかけ声とともに、勢いよく新聞紙で作った豆を鬼にぶつけ、皆で力を合わせて倒しました。ホッとしたのも束の間、今度は、鬼の親分が登場し、皆、逃げ回ったり、追いかけ回したりと元気いっぱい!!今年一年間、元気に過ごせるように、鬼を追い払うことができました。

幼稚部  1月誕生会

 
    1月30日(木)、1月の誕生会を行いました。

会では、1月生まれの幼児のおかあさんに、赤ちゃんの時の話を写真を見ながら説明してもらいました。また、幼児からはバースデイプレゼントとして親からもらったものを、みんなに教えてくれました。

友だちからは、手作りのプレゼントと「♪ハッピーバースディ」の歌を贈りました。お誕生カードに手形を押した後は、おかあさんの作ったハートの形のケーキで会食をしました。「あまくて、おいしいね。ママ、ありがとう!」

成長を祝う楽しい誕生会となりました。


幼稚部  冬のお話会

   
   1月21日(火)と29日(水)、『冬休みのお話会』を行いました。

子どもたちは、楽しかった冬休みの思い出から、一人一人が発表したいことを決めて、家族や先生といっしょに、文を作りました。そして、毎日練習して文を覚えました。

当日は、「前を見て、大きな声で、はっきり話そう。」「おともだちのお話を、しっかり聞こう。」と約束して、一人ずつ発表しました。 

発表を終えると、たくさんの拍手がわき上がり、なかなか鳴りやみませんでした。「すばらしいね!」「じょうずだったね。」「大きな花丸だね。」の声が聞かれました。子どもたちの表情は、誇らしげで、成長を感じることができました。

幼稚部  交流一緒に遊ぶ会

  
 1月28日(火)、ひまわり保育園と交流活動を行いました。今回は、聾学校の多目的ホールで、ボウリング大会を行いました。グループの対抗戦で、「おれんじグループ」「きいろグループ」「あかグループ」「あおグループ」「みどりグループ」で競い合いました。「がんばるぞ、エイエイオー!」のかけ声で、3本のピンを狙いました。「がんばって!」と友達からの大きな声援が聞かれました。倒れたピンの数のシールを貼っていき、シールが一番多いチームが優勝です。今回は「おれんじグループ」が優勝しました。がんばったごほうびに、ピカピカシールのメダルをもらい、みんなニコニコ笑顔でした。

幼稚部  交通安全教室

 

1月24日、郡山市民文化センターで開催された、親と子のつどい・ご入学おめでとう大会に、幼稚部5歳児2名が参加しました。

交通安全の人形劇や白バイ、映画鑑賞、マーチングバンドの演奏と、盛りだくさんの2時間半でした。初めて見る白バイが走る様子に見入ったり、マーチングバンドのカラーガードのフォーメーションが変わる様子に「すごいねー」を連発したりしていました。白バイの体験搭乗やお楽しみ抽選会にも当選し、それぞれバイクに乗ったり、ぬいぐるみをいただいたりして、満面の笑顔が見られました。


幼稚部  校外学習(ペップキッズPart5)

 

1月22日、ペップキッズこおりやまへ校外学習に行きました。久しぶりに幼児全員が揃い、子ども7名、先生3名でむかいました。

大寒を過ぎたばかりで、外は小雪が舞っていましたが、室内で子どもたちは半そで半ズボンになって、走り回りました。三輪車で遊んだり、トランポリンで跳んだりしてたくさん体を動かすと、子どもたちからは「あつ~い」という声も聞かれました。みんなで競争しながらランニングコースを走っていると、一緒に利用していた他団体の友だちも「まぜて」と来たので、仲良くかけっこを楽しみました。

帰りには、楽しかった遊具や次回遊びたいことなどを話しながら、学校へ帰りました。

中学部スピーチ発表

 中学部では自分の考えをまとめ、分かりやすく伝え、相手の話を聞く態度を育てるための学習として、「スピーチ発表」に取り組んでいます。自立活動の時間に3名ずつ発表していきます。今年度は1月17日から発表が始まり、これから週に一回ずつ2月の下旬まで続いていきます。
 1回目は3年生の3名が「聾というハンディキャップ」「将来の仕事」「本当の友だちとは?」というテーマで発表しました。声の大きさや発音、相手に分かりやすい手話表現などに気をつけ、自分の思いや考えをしっかりと伝えるということを意識して発表することができました。発表を聞いている生徒も聞き漏らさないようにと一生懸命聞いていました。