幼稚部について
幼稚部の教育
聴覚障がい幼児一人ひとりの思いの達成とその成長を願って、生活を楽しみながら、ことばの世界、音の世界を広げ、深める子どもを育てます。
教育内容
  • 子どもの興味や関心に応じた遊び、季節の行事、生活の中での伝え合いと経験をとおして、コミュニケーションの楽しさ、生活経験の広がり、自立の力を高める保育を心がけます。
  • 一人ひとりの障がいと発達に応じた聴覚とことばの個別の学習をとおして、ことばの世界の広がり、伝達手段の向上を図ります。
  • 両親講座や相談・懇談をとおして、聴覚障がい幼児の養育、聴覚やことばの学習についてアドバイスをしていきます。